振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害増加に歯止めがかからない。県警によると、1~7月の特殊詐欺による県内の被害額は1億4800万円で前年同期とほぼ同額だったが、認知件数は44件増えて95件に急増した。

 中でも多いのが、自治体職員らを装い「払いすぎた保険料の一部が戻ってくる」などとうその電話をかけ、現金自動受払機(ATM)で現金を振り込ませてだまし取る還付金詐欺。被害は2013年の4件(被害額約410万円)から毎年増加し、今年は7月までに39件(約4180万円)を確認。被害者は全員が60歳以上だった。

 県警によると、最近の振り込め詐欺は銀行ではなくコンビニエンスストアのATMを使わせたり、電子マネー…

出典:毎日新聞(2017/9/2)
https://mainichi.jp/articles/20170902/ddl/k43/040/342000c