オレオレ詐欺の電話をかけて現金300万円をだまし取ろうとしたとして、23歳の男ら4人が警視庁に逮捕されました。4人は、山梨県の避暑地のコテージを拠点にしていたということで、警視庁は不審に思われないよう、人目につきにくい場所を拠点にして、うその電話を繰り返しかけ、4人を含むこのグループが2億円以上をだまし取っていたと見て調べています。

逮捕されたのは、住居不詳の無職、諸星学容疑者(23)ら4人です。

警視庁によりますと、4人は今月下旬、大阪・東大阪市に住む60代の女性の自宅に、次男を装って、「旦那さんがいる女性との間に子どもができ、ばれてしまった」などとうその電話をかけ、現金300万円をだまし取ろうとしたとして、詐欺未遂の疑いが持たれています。

これまでの調べで、4人は、山梨県の山中湖や河口湖などの避暑地のコテージを拠点にしていて、コテージからは数万人分の名簿が押収されたということです。

警視庁は不審に思われないよう、人目につきにくい場所を拠点にして、うその電話を繰り返しかけ、4人を含むこのグループが同様の手口で2億円以上をだまし取っていたと見て調べています。

警視庁によりますと、調べに対し、諸星容疑者は「弁護士と話してから決めます」などと供述して認否を留保し、ほかの3人は否認したり、認否を留保したりしているということです。

出典:NHK NEWS WEB(2017/9/27)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170928/k10011159761000.html