高齢者を悪質商法から守ろうと、被害防止講座が7日、宝達志水町今浜の老人福祉センター宝寿荘で開かれ、婆ちゃんコントで知られる「御供田ごくでん幸子一座」がユーモアたっぷりに注意を呼びかけた。

 講座は、同町が国の補助金を活用して開催し、会場には70~80歳代の女性を中心に約120人が詰めかけた。座長の御供田さんと相方の浪花なには千秋さんの愛嬌あいきょうあふれる寸劇に会場は爆笑に包まれた。

 寸劇では、注文していない宅配便を届けに来る商法や、医療費の還付金詐欺の手口を紹介。高額請求された幸子さんが「おとろしや。詐欺に遭ったら正月(祝い)できんがになるげんぞ」と金沢弁で注意を呼びかけた。民事訴訟のはがきが東京から届く架空請求詐欺には、千秋さんが「年賀状も来んがんに、そんなはがき放っとくげんぞ」と若い世代の家族らと相談するよう訴えた。

出典:読売オンライン(2017/12/8)
http://www.yomiuri.co.jp/local/ishikawa/news/20171208-OYTNT50129.html