江南署は20日、架空請求はがきの送付が多発していると発表した。

 6月に入って新潟市江南区内で12件の通報があり、同署は「不審なはがきが届いたら、すぐに警察に相談してほしい」としている。

 送り主は、実在しない「法務省管轄支局民間訴訟通達センター」。

 はがきでは「未払いで民事訴訟になっており、連絡しなければ給与や財産が差し押さえられる」などと不安をあおり、指定する連絡先に電話するよう要求している。

 同日までに現金をだまし取られるなどの被害は確認されていないが、携帯電話にも同じ内容の詐欺メールが届くケースもあり、電話をかけないよう呼び掛けている。

出典:新潟日報モア(2018/6/21)
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180621401311.html