孫をかたる男らに200万円をだまし取られたとして、魚沼市の70代男性が26日までに、小出署に被害を届け出た。同署は特殊詐欺事件とみて捜査している。

 同署によると、22日午前11時半ごろ、男性宅に孫をかたる男から「仕事で800万円が必要で、うち200万円を貸してほしい」と電話があった。さらに南魚沼市のJR浦佐駅近くのコンビニを待ち合わせ場所に指定し、「代理の人が待っているので現金を渡してほしい」と指示した。

 男性は午後4時半ごろ、コンビニで待っていた男に200万円を渡した。男は25歳くらいで上下黒のスーツを着用し、黒色のリュックサックを持っていた。

出典:新潟日報モア(2018/6/26)
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180626402451.html