警察官をかたる男に金融機関で現金を引き出すよう促され、現金650万円をだまし取られたとして、新潟県阿賀野市の80代女性が21日、阿賀野署に被害を届け出た。同署は特殊詐欺事件とみて捜査している。

 同署によると、19日、女性の自宅に警察官を名乗る男から「あなたの預金の中に偽札が交ざっているかもしれない。点検するので渡してほしい」と電話があった。女性は金融機関で下ろすなどして現金を用意し、自宅を訪れた男に300万円を渡した。

 20日にも同様の電話があり、350万円を下ろして自宅を訪ねた男に手渡した。女性が21日に同署に相談し、被害に気付いた。

出典:新潟日報(2018/12/21)
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20181221440531.html