振り込め詐欺の電話をかけて現金をだまし取ろうとしたとして、警視庁捜査2課は4日、住所不詳、無職、鷲見祐樹容疑者(31)ら14人を詐欺未遂の疑いで逮捕したと発表した。鷲見容疑者らは警察の摘発を逃れるため、キャンピングカーを拠点に場所を移しながら、詐欺の電話をかけていたという。

逮捕容疑は1日、横浜市の90代男性に次男を装って電話し、「仮想通貨の投資でもうかったが、滞納している税金を払わないと入金されない」などとうそを言い、120万円をだまし取ろうとしたとしている。鷲見容疑者は容疑を否認し、他の13人は否認か黙秘している。

 同課によると、鷲見容疑者らは4台のキャンピングカーに分乗。関東から東北の高速道路のサービスエリア(SA)や道の駅を転々としながら詐欺の電話をかけていた。逮捕は2日で、逮捕時は鷲見容疑者ら3人が埼玉県東松山市の高坂SA、他の11人が同県内の別のパーキングエリアなどにいたという。キャンピングカーはレンタルされたものだった。【五十嵐朋子】

出典:毎日新聞(2019/2/4)
https://mainichi.jp/articles/20190204/k00/00m/040/082000c