神奈川県警小田原署は7日、同県真鶴町に住む50代の無職女性が架空請求詐欺の被害に遭い、現金約1千万円をだまし取られたと発表した。

 同署によると、女性宅のポストに2月18日、「民事訴訟最終通達書」などと書かれたはがきが届き、翌日、女性が記載された電話番号に電話したところ、「訴訟センター職員」を名乗る男や、弁護士を名乗る男から「訴訟内容の開示のために10万円を払い込んでください」などと嘘を言われ、同町内の現金自動預払機(ATM)で10万円を振り込んだ。

さらに訴訟相手の会社の担当者を装った男を紹介され、電話をすると「供託金を払え」などと言われ、同20日から28日の間、町内のコンビニエンスストアから3回にわたって、現金計1千万円を郵送し、詐取されたという。

 同署管内では2月、同様の架空請求詐欺が発生しており、同県小田原市に住む50代の無職女性が現金約2千万円を詐取されている。同署は同一犯の犯行とみて調べを進めている。

出典:産経新聞(2019/3/7)
https://www.sankei.com/affairs/news/190307/afr1903070033-n1.html