大宮東署は8日、詐欺未遂の疑いで、自称群馬県太田市浜町、土木作業員の男(26)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は氏名不詳者と共謀して6日午後2時ごろから数回、さいたま市見沼区の女性(83)方に区役所職員や金融機関職員を名乗り「還付金があります」「手続きにはキャッシュカードが必要です」「カードが古いので新しい物と交換します」「これから新しいカードを届けに行きます」などと電話をかけ、キャッシュカードをだまし取ろうとした疑い。

 同署によると、女性が同居の長男(55)に連絡して被害に気付き、長男が110番。通報を受けて警戒中の警察官が男を現行犯逮捕した。「下水道の営業で飛び込みで行っただけ。全く身に覚えがない」と容疑を否認しているという。

出典:埼玉新聞(2019/03/09)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2019/03/09/04_.html