タクシーで移動しながら高齢者の自宅を回り、特殊詐欺に関与したとみられる19歳の少年が逮捕され、指示役にタクシー代を請求するために持っていた領収書が押収されました。

 逮捕されたのは、神奈川県座間市に住む専門学校生の19歳の少年です。少年は今年1月、千葉県野田市の女性(85)に市役所の職員などを装って「還付金を受け取るにはキャッシュカードを新しくする必要がある」などとウソの電話をかけてキャッシュカードをだまし取り、現金40万円を引き出した疑いが持たれています。

 少年はタクシーで移動しながらカードを受け取ったり、現金を引き出したりしていて、車内のドライブレコーダーや、詐欺グループに交通費を請求するために持っていた領収書などから、事件への関与が浮上したということです。取り調べに対し少年は容疑を認め、「遊ぶ金がほしくて15件くらいやった」と供述しているということで、警視庁は、ほかにも余罪があるとみて調べています。

出典:TBS NEWS(2019/3/27)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3632350.html