高齢女性からキャッシュカードなどをだまし取ったとして、神奈川県警緑署は19日、詐欺の疑いで、住所不定、無職の杉田大樹被告(23)=別の詐欺未遂罪で起訴=を再逮捕した。容疑を認めている。

 再逮捕容疑は氏名不詳者らと共謀して5月20日、横浜市戸塚区に住む70代の無職女性宅に、区役所職員を装って「還付金の払い戻しの手続きのため、新しいキャッシュカードに変換する必要がある」などと嘘の電話をかけ、自身が女性宅を訪れてキャッシュカード1枚と通帳1通をだまし取ったとしている。

 同署によると、杉田容疑者は被害者の自宅にカードなどを取りに行く「受け子」で、同月27日、同市緑区に住む70代の無職女性をだまして女性宅にカードを取りに行ったところ、女性宅付近で同署員に職務質問され、詐欺未遂の疑いで逮捕されていた。「(他にも)2、3件やった」と話しているといい、同署は余罪があるとみて捜査を進めている。

出典:産経新聞(2019/6/19)
https://www.sankei.com/affairs/news/190619/afr1906190083-n1.html