静岡県警伊東署は17日、同県伊東市の無職男性(84)が今年2~3月に架空の話で金銭を請求され、現金2458万円をだまし取られたと発表した。同署が詐欺容疑で調べている。

 同署によると、男性は2月上旬、「防犯関係団体の職員」を名乗る男から電話で「警察が逮捕した犯人の名簿にあなたの名前が記載されている」などと言われた。

 その後、「検察庁の職員」と称する男らから電話があり「このままでは逮捕される」として、保釈金や賠償金の名目で金銭を要求された。

 男性は6回にわたり、銀行振り込みや手渡す形で計2458万円を支払ったという。教えられた電話番号に連絡できなくなり、17日に同署に相談した。

出典:産経新聞(2019/6/17)
https://www.sankei.com/affairs/news/190617/afr1906170050-n1.html