福岡県警小郡署は2日、小郡市の男性会社員(45)が偽電話詐欺で490万円をだまし取られたと発表した。署によると、5月23日、男性の携帯電話に「利用料金の支払い確認が取れていない」などと書かれたメールが届き、男性が記載の番号に電話すると、男から「アプリの料金未納で裁判を起こされている」などと言われ、指示に従って490万円分の電子マネーカードを同月25日から6月15日までの間、複数回にわたりコンビニエンスストアなどで購入し、利用権をだまし取られたという。

出典:西日本新聞(2019/7/2)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/523635/