還付金名目で日高市の女性がキャッシュカードをだまし取られた手渡し詐欺事件で、飯能署は10日、詐欺の疑いで、山梨県中央市に住む私立高校3年の少女(18)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は氏名不詳者と共謀して4月2日午前11時ごろから数回、鶴ケ島市の無職女性(77)方に市職員を装って電話し、「保健料の還付金がある」「古いカードは使えないので、市職員が取りに行く」などとうそを言って、同日午前11時20分ごろ、女性方を訪れ、キャッシュカード1枚をだまし取った疑い。

 同署によると、日高市の手渡し詐欺事件で、署は6月20日、少女を逮捕。その後、鶴ケ島市の事件の関与を認めた。少女はいずれも被害者方を訪れキャッシュカードを受け取っていた。

出典:埼玉新聞(2019/7/12)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2019/07/12/05_.html