愛知など4道県警の合同捜査本部は6日までに、民事訴訟が起こされたとする嘘のはがきを印刷したとして、有印私文書偽造などの疑いで東京都豊島区池袋の無職、村上純一容疑者(35)ら4人を逮捕、送検するとともに、印刷していた同区の集合住宅を家宅捜索した。愛知県警によると、架空請求詐欺に使う目的だったとみられ、印刷拠点の摘発は全国初。

 他に逮捕したのは埼玉県和光市白子の無職、横尾直也容疑者(26)、自称東京都北区岸町に住む無職の五十嵐優容疑者(38)、埼玉県入間市高倉の無職、川辺忠司容疑者(41)。

 村上、横尾、五十嵐容疑者の逮捕・送検容疑は4日午後8時50分ごろ、豊島区の集合住宅で、はがきに「訴訟取り下げ最終期日 令和元年9月10日」「訴訟通知センター」などと印刷したとしている。川辺容疑者の逮捕・送検容疑ははがきを提供したとしている。

出典:産経新聞(2019/9/6)
https://www.sankei.com/affairs/news/190906/afr1909060008-n1.html