毎月恒例の特殊詐欺防止啓発活動が10日、和歌山市一番丁の和歌山中央郵便局で行われた。

毎月10日の「特殊詐欺被害防止強化の日」に合わせ実施。和歌山西署、県警本部の防犯アドバイザー、地域安全推進員、郵便局員ら約20人が参加し、ポケットティッシュの他、詐欺の手口を紹介するクリアファイルを配布。また、11月の年賀はがきの販売開始を前に郵便局の発売イベントもPRした。

郵便局前では昼休みの時間帯に合わせ、郵便局を訪れた人に啓発グッズを配って回った。石橋守局長は「グッズを持って帰って、家族や職場の人と『こんな手口があるんだ』と共有してもらいたい」、同署の生活安全課の冨安紀之課長は「最近は社会福祉協議会や警察を名乗る電話が増えている。危機感を持って、おかしいと思ったらすぐ警察(#9110)に相談してほしい」と注意を呼び掛けた。

出典:わかやま新報(2019/10/13)
https://www.wakayamashimpo.co.jp/2019/10/20191013_89736.html