大分県警は、二つ折りで開いて読む圧着式のはがきを利用した架空請求を2件確認した。圧着はがきを使う手口が見つかったのは県内で初めてで、詐欺に対する注意を呼び掛けている。

 はがきが届いたのは、いずれも11月27日。別府市内の80代男性と70代女性宛てだった。不審に思った家族などが警察に相談して発覚した。被害はなかった。

 はがきを開くと、東京都千代田区の法律事務所を名乗り「有料番組サイト等の利用料金の支払いが確認できていない」「大至急連絡ください」などと記載。050から始まる電話番号に掛けるように指示している。

 県警は「はがきは業者が作ったような精巧な作りで、手が込んでいる」と警戒。ただ「『サイト料金未納』などだましのキーワードが隠れている」として、電話をせず、家族らに相談するよう呼び掛けている。(井中恵仁)

出典:西日本新聞(2019/12/2)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/564369/