与那原署は24日、60代会社員男性=同町=が「あなたが350万円を不正利用し裁判になっている。裁判費用として350万円支払えば取り消す」などとうその電話によって、本島南部のコンビニで180万円分の電子マネーを購入し、だまし取られる特殊詐欺事件(架空請求詐欺)があったと発表した。

 与那原署によると、男性は18日から23日の間に、男とみられる声で、電話で指示を受け本島南部の複数のコンビニで複数回に渡り計180万円の電子マネーをだまし取られた。与那原署は「不審な電話があれば警察などに相談してほしい」と注意を呼び掛けている。

出典:琉球新報(2019/12/26)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1048654.html