海老名市の80代の無職女性が15日までに、郵便局員などを装った男らに、現金約900万円をだまし取られた、と海老名署に届け出た。署は手渡し型の振り込め詐欺事件として調べている。

 署によると、10日午後5時ごろ、市保険課職員を名乗る男から女性宅に「医療費の還付金があり、キャッシュカードを更新する必要がある」などとうその電話があった。女性宅を訪れた郵便局員を名乗る男に、女性はキャッシュカード6枚を渡した。女性の口座から同日、約900万円が引き出されていた。

出典:カナコロ(2019/1/15)
https://www.kanaloco.jp/article/entry-243696.html