福岡県警宗像署は21日、同県福津市の女性(当時70)が昨年12月20日から今年1月15日までに偽電話詐欺の被害に遭い、現金や電子マネー利用権計1440万円をだまし取られたと発表した。署によると、女性の携帯電話に「料金の未払いがある」とのショートメールが届き、表示された連絡先に電話した。数人の男から「料金を支払わないと逮捕されて刑務所に入ることになる」などと言われ、指示通り電子マネーを買わされたり、現金を宅配便で送らされたりしたという。

出典:西日本新聞(2020/1/21)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/577340/