新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少した事業者に対して国が支給する持続化給付金を不正に受給したとして、静岡南、静岡中央両署と県警組織犯罪対策課、捜査4課は24日、詐欺の疑いで、静岡市内のキャバクラ店の経営者と店長の男を逮捕した。同給付金の不正受給に関する摘発は県内で初めて。県警は不正受給した金が暴力団に流れていた可能性があるとみて調べている。

 逮捕されたのは、静岡市駿河区東静岡、キャバクラ店経営の男(46)と同区広野、同店店長の男(36)の両容疑者。
 2人の逮捕容疑は共謀して8月下旬ごろ、葵区の繁華街で経営するキャバクラ店の女性従業員が新型コロナの影響で売り上げが減った給付対象の個人事業主であるかのように装って持続化給付金を申請し、国から100万円をだまし取った疑い。県警によると、2人が女性従業員に話を持ち掛け、虚偽の確定申告書類などを使用して申請を行ったという。女性従業員には一部を報酬として渡していたとみられる。
 給付金は売り上げが前年同月比で50%以上減少した事業者に対し、個人で最大100万円、法人で同200万円を支給する制度。関係者によると、女性従業員は申請した前年同月は勤務していなかったとみられる。このキャバクラ店には約20人が勤務し、女性従業員と同時期に数人が給付金の申請を行ったことを確認しているという。給付金を巡っては支給を迅速化するため、手続きや審査が簡素化され、全国で不正申請が相次いでいた。

出典:静岡新聞(2020/11/24)
https://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/834310.html