弟の友人を現金の引き出し役にして振り込め詐欺を繰り返していたとみられる21歳の男が逮捕された。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは東京・福生市の無職・ボーバル沙玲司容疑者。警視庁によるとボーバル容疑者は、今年2月、埼玉県新座市の銀行のATMで他人名義のキャッシュカードを使い100万円を盗んだ疑いが持たれている。

 ボーバル容疑者は弟の友達の少年に「仕事をやれば10万円あげる」などと声をかけ、現金の引き出し役に勧誘し、今年1月末頃に一緒に振り込め詐欺を10件以上繰り返していたとみられている。

 調べに対し、ボーバル容疑者は「思い出せません」などと容疑を否認しているという。

出典:日テレNEWS24(2017/5/30)
http://www.news24.jp/articles/2017/05/30/07362866.html