特殊詐欺事例

特殊詐欺事例

特殊詐欺「相談を」県消費者協会が周知活動-青森県

 NPO法人県消費者協会(大塚和則理事長)は8日、弘前市高田のカブセンター弘前店で消費者被害の未然防止キャンペーンを行い、特殊詐欺や悪徳商法について注意を呼び掛けた。同キャンペーンは22日まで、五所川原市、十和田市、むつ …

「特殊詐欺に注意」のぼり旗設置 津山・上田邑宿町内会-岡山県

 津山市上田邑地区の宿町内会(16世帯34人)が、特殊詐欺被害防止を訴えるのぼり旗を、地区内を通る広域農道の歩道に設置した。縦1・8メートル、横0・6メートル。ポリエ … 出典:山陽新聞(2017/01/07 …

特殊詐欺被害を防ぐ 高齢女性への声かけで発覚/豊橋署・南稜交番の木下博喜巡査部長-愛知県

 豊橋署の南稜交番に勤務する木下博喜巡査部長(36)がこのほど、特殊詐欺被害の未然防止に貢献した。銀行で現金を引き出そうとする高齢女性に声をかけて説得した。 木下巡査部長は昨年12月19日午後2時ごろ、交番近くの銀行駐車 …

今年の重点課題、署長ら90人協議 /新潟

 県警は6日、新潟市中央区の県自治会館で、年頭の署長会議を開いた。県下全30署の署長や県警本部の部長ら約90人が一堂に会し今年の重点課題などについて話し合った。山岸直人本部長は、2016年の県内の特殊詐欺認知件数と被害総 …

特殊詐欺撲滅など課題 新潟県警本部長が年頭訓示

 県警の山岸直人本部長は6日、新潟市中央区の県自治会館で開いた年頭の署長会議で県内全30署の署長や県警幹部らに訓示し、オレオレ詐欺など特殊詐欺の撲滅を図るとともに、高齢ドライバーによる交通事故や学校でのいじめ問題への対応 …

特殊詐欺被害額、ピーク時から半減6.2億円 2016年の栃木県内、抑止策が効果

 2016年に県内で発生した特殊詐欺被害は前年比27件減の199件、被害総額は約1億1600万円減の約6億2600万円だったことが、7日までの県警のまとめで分かった。被害総額は過去5年のピークだった13年から半減、県警が …

特殊詐欺 紙芝居で手口紹介 三好署駐在所の正木夫妻-徳島県

 特殊詐欺の手口を高齢者に分かりやすく説明しようと、三好署の駐在所員が夫妻でオリジナルの紙芝居を作った。地元の敬老会などで披露し、注意喚起に一役買っている。 作ったのは、三好市山城町下川の下川駐在所に勤務する正木潤巡査長 …

特殊詐欺防止に「金融機関は最後のとりで」 埼玉県警が対策DVD配布

 振り込め詐欺などの特殊詐欺被害で、被害者が現金を引き下ろす金融機関で犯行を水際で食い止めようと、県警は窓口での詐欺被害者への正しい対応方法などを再現ドラマなどでまとめたDVDを作製、配布を始めた。同様の取り組みは埼玉の …

特殊詐欺 青森県内被害2年ぶり2億円超え

 2016年の青森県内の特殊詐欺被害額が15年を約8500万円上回り、2年ぶりに2億円を超えた。被害防止に向け、県警は17年も啓発活動を展開する方針で、詐欺事件の出発点となる不審電話にあらためて注意を促す。担当者は「家族 …

16年県内特殊詐欺 被害額1億6971万円-徳島県

 2016年の徳島県内の特殊詐欺被害額は1億6971万円(前年比9896万円減)だったことが、県警のまとめで分かった。このうち架空請求詐欺が1億1403万円(4077万円増)で全体の67・2%を占め、過去最悪だった14年 …

« 1 289 290 291 292 »
PAGETOP
Copyright © SALAT All Rights Reserved.