特殊詐欺事例

月別アーカイブ: 2017年5月

シニアとネット(佐賀)

インターネット関連のトラブルがシニア層に広がっている。スマートフォンユーザーが、高齢者にも増えているのが遠因だが、操作に不慣れだったり、ネットの知識に乏しかったりするため、若年層に比べトラブルの増え方が著しい。相談先の周 …

ヤフーやグーグル広告に「アダルト相談詐欺」

ワンクリック詐欺・架空請求を「解決します」と称して、被害者をさらにだます探偵会社・司法書士事務所が問題になっている。東京都は悪質な探偵会社に対して、是正勧告を出した。同様の広告が、今でもYahoo!JapanやGoogl …

悪質電話 自動で撃退…鴻巣市 装置普及へ(埼玉)

鴻巣市は、市内で多発する振り込め詐欺や悪質な電話勧誘対策として、悪質電話の番号を集積したデータベースと直結して着信を自動拒否する「悪質電話防止装置」の普及促進に乗り出した。市によると、同様の事業をする吉川市とともに県内初 …

特殊詐欺根絶講座に1000人超(群馬)

特殊詐欺被害を防ぐ目的で、県が昨秋から始めた「振り込め詐欺等根絶サポーター養成講座」の受講者が1000人を超えた。今年1月から4月末までの特殊詐欺被害は前年の同じ時期より52件多い98件で、被害額は同4510万円増の約1 …

82歳女性が還付金詐欺被害50万円 北九州市

福岡県警戸畑署によると、24日午後3時半ごろ、北九州市戸畑区の女性(82)が約50万円をだまし取られる還付金詐欺に遭った。  市役所国民健康保険課のウチカワと名乗る男から電話で「医療費の還付金があります」と言われ、銀行員 …

“医療費の還付金”詐欺容疑で4人逮捕 拠点に電話帳300冊

「医療費の還付金がある」とうその電話をかけて、高齢の女性からおよそ180万円をだまし取ったとして、男4人が警視庁に逮捕されました。グループの拠点からは全国各地の電話帳がおよそ300冊見つかったということで、警視庁は、この …

電子マネー詐欺急増 プリペイドカード買い、ID送らせる 16年、九州の被害7000万円超

九州7県で昨年発生した架空請求などの偽電話詐欺被害のうち、プリペイド式の「電子マネー」を悪用して詐取する手口が急増し、被害総額が前年の2倍近い7千万円以上に上っていることが、西日本新聞の取材で分かった。現金の受け取りなど …

「訴訟を起こす」架空請求でアマゾンギフトカード詐欺 女性会社員が32万円被害

和歌山県有田市内に住む20代の女性会社員が、アダルトサイトの閲覧料未納の架空請求で、32万円分のアマゾンギフトカードをだまし取られていたことが県警有田署の調べで分かった。  女性は5月24日午後、携帯電話に「閲覧代金が未 …

【特殊詐欺】2週間で5件連続発生〜前代未聞の事態(長野)

須坂市内で特殊詐欺が5月12日から25日までのわずか2週間のうちに5件が連続して発生。前代未聞の事態であり、まさに「須坂市が狙われている」状況になっている。3件目が発生した翌日の20日、須坂市中央公民館の成人講座「須坂市 …

電話詐欺 「アポ電」倍増 5月まで被害事前連絡…家族や職員装う 山梨

県警は25日、「オレオレ詐欺」「還付金詐欺」など電話詐欺の今年1月~5月21日の被害状況を発表した。件数、被害金額ともに前年同期を下回ったが、年配者らを標的に事前に連絡を入れ、警察官や金融機関職員をかたって信用させる「ア …

« 1 2 3 25 »
PAGETOP
Copyright © SALAT All Rights Reserved.