特殊詐欺事例

月別アーカイブ: 2018年7月

下伊那の男性 3600万円特殊詐欺被害 今年最高額

飯田署は20日、下伊那郡の50代男性がインターネットサイト利用料、供託金名目で約3600万円をだまし取られたと発表した。県警によると、県内の特殊詐欺被害としては今年の最高額という。  6月上旬、男性の携帯電話にコンテンツ …

郵便局とコンビニに感謝状 特殊詐欺被害の未然防止 伊賀署

伊賀署は7月18日、特殊詐欺被害の未然防止で伊賀市沖の依那古郵便局と同市緑ケ丘東町のセブンイレブン伊賀緑ケ丘東町店、同店員の木下弥生さんにそれぞれ感謝状を贈った。【感謝状を受け取るコンビニ店員の木下さん(右から2人目)= …

災害便乗詐欺に注意 市職員は電話で義援金を求めません

「市職員が電話で義援金の振り込みを求めることはありません!」――。西日本豪雨災害の被災地の自治体や消費者庁は、災害に便乗した義援金詐欺や消費者トラブルに注意を呼びかけている。 倉敷市は12日、公式ツイッターで「義援金詐欺 …

ニセ電話詐欺 現金1556万円被害 鉾田の男性 /茨城

鉾田署は13日、ニセ電話詐欺で鉾田市に住む無職男性(60)が現金1556万円と電子マネー約35万円分をだまし取られたと発表した。    同署によると、5月9日に「未納料金がある」などのショートメールが男性の携帯電話の元に …

振り込め詐欺防止に協力 5店舗6人に感謝状

鎌倉警察署(宮村栄署長)は、振り込め詐欺の被害を未然に防止した市内コンビニエンスストアと銀行の5店舗6人にこのほど感謝状を贈呈した。  功労者はローソン鎌倉名越店の大村恵さん、ファミリーマート西鎌倉駅前店の後藤以心さん、 …

架空請求のはがき、注意喚起 静岡南署が作製 /静岡

はがきを送りつけて送金を要求する架空請求詐欺への注意喚起を目的に、静岡南署が童謡「やぎさんゆうびん」の歌詞をプリントしたうちわを作製した。管内で行われる防犯キャンペーンや、夏祭りなど人が集まるイベントでも配布する。   …

電話で注意喚起 県警、コールセンター開設 /香川

架空請求などの特殊詐欺の被害を食い止めようと、県警は今月から、住民への注意喚起を電話で呼び掛ける「コールセンター」事業を始めた。来年3月末まで継続して実施する。    事業は昨年に続き2回目。全国で特殊詐欺の犯人グループ …

上越市の80歳代女性が上京型詐欺被害 新幹線で高崎へ行き110万円騙し取られる

上越警察署は2018年7月11日、新潟県上越市に住む80歳代女性が特殊詐欺(オレオレ詐欺)被害に遭ったと発表した。被害金額は110万円。 発表によると2018年6月21日午後6時頃、女性宅に息子を装った男の声で「お母さん …

特殊詐欺防げ ローラー作戦で注意呼びかけ (石川県)

県内でも被害が相次ぐ特殊詐欺。その被害者のおよそ6割は、65歳以上の高齢者だ。こうした中、野々市市では、警察が高齢者に注意を呼びかけるローラー作戦を展開した。手口が巧妙化する特殊詐欺。白山警察署では、高齢者を狙った詐欺の …

60代女性「サイトウ」の指示で100万円奪われる 山形で還付金詐欺

 役場職員を名乗る男から「保険の戻りがあります」などと不審な電話が山形県の女性宅にあり、100万円が奪われたとして、県警山形署と県警特殊詐欺対策推進本部は10日、還付金詐欺が発生したと発表した。  山形署などによると、不 …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © SALAT All Rights Reserved.