特殊詐欺事例

月別アーカイブ: 2019年11月

「人生、終わった」副業サイトに登録した女性 ポイント購入を繰り返し数日で30万被害…電子マネー詐欺の実態

 「人生、終わった。どうやって子育てしていけばいいのだろう」。声を震わせ、詐欺被害を語る本島在住の女性は今年7月から8月にかけて、県内で横行している電子マネーが絡む詐欺被害に遭った。子ども3人を抱えたシングルマザーの女性 …

架空請求詐欺か、不審はがき届く 仙北市の4世帯に

秋田県仙北署は6日、架空請求詐欺の手口とみられる不審なはがきが仙北市の4世帯に同日届いたと発表した。被害は確認されていない。同署が注意を呼び掛けている。  同署によると、はがきの表題は「総合消費料金未納に関する訴訟最終告 …

架空請求 若者も注意! 小松署 市立高にポスター贈る

 電子マネーによる架空請求詐欺の被害を防ごうと、小松署は二十五日、署員が描いたポスターを小松市立高校に贈り、生徒会役員ら六人が受け取った。  同署地域課小松空港警備派出所の宮川友唯巡査(22)が描いた。ポスターでは、有料 …

静岡県内で詐欺被害相次ぐ 三島/裾野/浜松

 三島市の無職男性(84)が20日、金融機関の職員をかたる男らにキャッシュカード2枚をだまし取られたと三島署に届けた。口座から現金計357万円が引き出されていた。  同署によると、男性は19日午後4時ごろ、市役所や金融機 …

還付金詐欺“リーダー格”逮捕 被害3億円か

還付金詐欺の手口で、およそ3億円をだまし取っていたとみられる特殊詐欺グループのメンバーの男が逮捕された。 大村鯉一(りいち)容疑者(35)は2019年5月、東京・大田区の60代の男性に、区役所職員などを装って「医療費の還 …

熊本県警上天草署管内で架空請求のメールが住民に送られる

 熊本県警上天草署は13日、同署管内の住民の携帯電話に同日、架空のインターネット利用料金を請求するメールが送られてきたとして、メールで注意を呼びかけた。署によると、メール記載の電話番号に電話するとネットサイトの会社を名乗 …

今度は防犯協会かたりのニセ電話

佐賀南警察署からのメールです。  令和元年11月14日から数日間にわたり、佐賀市内の高齢者方に佐賀県防犯協会や架空の会社名などをかたったニセ電話が発生しています。 【警察からのお願い】 ・電話でお金の話が出たら詐欺を疑う …

還付金詐欺で100万円被害 日光

 19日、日光市、契約社員男性(62)から、現金99万8012円をだまし取られたと警察に届け出があった。今市署は特殊詐欺事件として捜査している。… 出典:下野新聞(2019/11/19) https://www.shim …

駐在所夫婦、ニセ電話詐欺の啓発人形劇 新城署・熊丸警部補

 新城署富岡駐在所の熊丸博行警部補(53)と妻の幸子さん(53)の人形劇が、地域の敬老会などで評判を呼んでいる。演目は、振り込め詐欺や架空請求など、特殊詐欺(ニセ電話詐欺)の手口の数々。劇を見たお年寄りが、かかってきた電 …

区役所関係者装う偽電話詐欺か キャッシュカードだまし取られる 北九州市の高齢者

福岡東署は12日、福岡市東区の高齢者が11日に偽電話詐欺に遭い、キャッシュカードをだまし取られたとして、メールで注意を呼びかけた。署によると、同日午前11時ごろ、高齢者宅に区役所関係者を名乗る男から電話があり「あなたの通 …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © SALAT All Rights Reserved.