特殊詐欺事例

岩手県

盛岡市内で特殊詐欺被害発生

盛岡市内の80歳代女性宅に銀行職員をかたる男が訪ねてきて、女性にキャッシュカードを持ってくるよう指示をした。  女性は言われた通りキャッシュカードを持ってきて手渡すと、男は持参した封筒にキャッシュカードを入れた。  さら …

一関市内で特殊詐欺被害発生

発生日時 2020年3月6日 発生場所 一関市 -内容-  自宅固定電話に、警察官をかたる若い男から電話があり「あなたのクレジットカードが悪用されていたことから、被害防止のため利用を止める手続きをした。キャッシュカードも …

県内、特殊詐欺の被害深刻 前年比6千万円増

 特殊詐欺の手口が巧妙化し、県内で被害が増えている。2019年の特殊詐欺被害額(暫定値)は1億4942万円で前年比6034万円増え、認知件数も同28件増の55件と倍増。警察官や金融庁職員らを装いキャッシュカードを狙う手口 …

「訴状提出」と架空請求はがき 住民から相談相次ぐ

 岩手署管内で「契約不履行により訴状が提出された。連絡がない場合は給与を差し押さえる」などと書かれたはがきが個人宅に届く事案が発生した。同署は現金の振り込みを要求する架空請求詐欺の可能性が高いとみて、注意を呼び掛けている …

架空請求詐欺で187万円被害 大船渡・50代女性

大船渡署は29日、大船渡市内の50代無職女性が現金187万7千円をだまし取られる特殊詐欺被害が発生したと発表した。  同署によると、26日午前、クワタと名乗る男が女性に電話で「サイト利用料が支払われていない」と、現金を請 …

還付金詐欺か、不審電話相次ぐ 奥州署が注意呼び掛け

奥州市江刺地区で23日、市職員をかたる男が還付金の返還手続きを持ち掛ける不審電話が3件確認され、奥州署が還付金詐欺の予兆電話とみて注意を呼び掛けている。  同署によると午前10~11時ごろ、いずれも80代女性が電話を受け …

「今すぐATMさ行ってけろ」詐欺の実例方言で紹介 遠野署と語り部協力講演活動50回達成

特殊詐欺の被害を食い止めようと、岩手県遠野署と遠野市の民話語り部菊池タキさん(72)がタッグを組んだ講演活動が50回を数えた。被害の実例を身近な方言で紹介する取り組みで「親しみやすくて、聞きやすい」と好評だ。 「ある時、 …

特殊詐欺への注意「電話」で喚起/岩手・盛岡市

今月6日から始まった「春の地域安全運動」に合わせ、特殊詐欺への注意を電話で呼びかける「被害防止広報センター」の今年度の開所式が10日、盛岡で開かれました。 (職員)「かかってきた電話でお金の話が出たら、相手が誰でも不審に …

特殊詐欺で3700万円被害 息子やJR社員を名乗る 盛岡

盛岡東署は15日、盛岡市の70代の無職女性が特殊詐欺で現金約3700万円をだまし取られたと発表した。同署によると、息子やJRの社員を名乗る男から11日、女性の自宅に「大切な書類をなくして勤められなくなるかもしれない」「家 …

オレオレ詐欺で3700万円被害/岩手・盛岡市

今月、盛岡市の70代の女性が息子を騙った電話を受け、現金3700万円あまりをだまし取られていたことが分かりました。警察は特殊詐欺事件とみて捜査しています。 今月11日、盛岡市の70代の女性の自宅に息子を名乗る男から電話が …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © SALAT All Rights Reserved.