特殊詐欺事例

秋田県

県内34世帯に不審はがき、架空請求詐欺か

秋田県警は17日、実在しない「民事訴訟管理センター」を名乗る不審なはがきが、15日から17日にかけて県内各地の計34世帯に届いたと発表した。被害は確認されていない。架空請求詐欺の手口とみられ、注意を呼び掛けている。  県 …

特定記録郵便使い架空請求 男鹿市、80代男性に被害なし

 秋田県警男鹿署は2日、特定記録郵便の架空請求書が男鹿市の80代男性宅に先月届いたと発表した。被害はなかった。同署は「信用性が高いと思わせる詐欺の手口」と注意を呼び掛けている。  同署によると先月22日、男性宅に男から「 …

9世帯に不審はがき届く 仙北市と大仙市、架空請求詐欺か

仙北署は27日、実在しない法務省関連団体などを名乗る不審なはがきが、14日から26日にかけて秋田県仙北市と大仙市の計9世帯に届いたと発表した。被害は確認されていない。架空請求詐欺の手口とみて注意を呼び掛けている。… 出典 …

由利本荘13世帯、不審はがき届く 架空請求か、被害なし

 由利本荘署は26日、実在しない団体を名乗る不審なはがきが、今月15日から25日にかけて秋田県由利本荘市内の13世帯に届いたと発表した。被害は確認されていない。架空請求詐欺の手口とみて注意を呼び掛けている。  同署による …

架空請求詐欺で3400万被害 現金1千万は手渡す、秋田市

秋田臨港署は14日、秋田市北部の70代女性が架空請求詐欺で現金3400万円をだまし取られたと発表した。県警によると、県内の特殊詐欺では、2013年8月に横手市の60代(当時)男性がだまし取られた3600万円に次いで過去2 …

<特殊詐欺>自分はだまされないと思っていても? アプリで詐欺への抵抗力診断

秋田県立大などの研究チームが、高齢者の詐欺への抵抗力を診断するウェブアプリを開発した。心理学の知見を生かした判定手法で自分の弱点を理解することで、詐欺から身を守るための力を高めてもらうことを目指す。  開発に携わった県立 …

法務省装い不審封書、注意呼びかけ

「法務省」を装い、「不動産を差し押さえる」などとかたる不審な封書が秋田市内の住民宅に届き、県警は、架空請求詐欺との関連が疑われるとして、記載された番号に電話しないよう注意を呼びかけている。 県警の発表によると、封書は3日 …

特殊詐欺、若い世代にも…ネット決済悪用目立つ

秋田県内で今年、特殊詐欺の被害額が3000万円近くに上っていることが13日、県警のまとめで分かった。「有料サイトの未払い料金がある」などとかたる「架空請求」が目立ち、手口は巧妙化。かつては高齢者が現金を振り込まされる被害 …

還付金詐欺 約200万円だまし取られる (秋田県)

大仙市に住む60代の女性が「国民健康保険の過払いで還付金がある」などと電話で持ちかけられ、およそ200万円をだまし取られる詐欺被害にあったことがわかりました。大仙警察署によりますと、21日午前、大仙市に住む60代の女性の …

特殊詐欺の対応、冷静に声掛けを コンビニ3店舗で訓練

電子マネーなどをだまし取られる特殊詐欺被害を防ごうと、横手署は13日、秋田県横手市内のコンビニ3店舗で店員による客への対応訓練を行った。  このうち同市平鹿町のセブン―イレブン横手浅舞店では、客役の署員が「今すぐ支払わな …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社サラト All Rights Reserved.