特殊詐欺事例

石川県

架空請求 若者も注意! 小松署 市立高にポスター贈る

 電子マネーによる架空請求詐欺の被害を防ごうと、小松署は二十五日、署員が描いたポスターを小松市立高校に贈り、生徒会役員ら六人が受け取った。  同署地域課小松空港警備派出所の宮川友唯巡査(22)が描いた。ポスターでは、有料 …

電子マネー使用の詐欺 10代女性、架空請求で100万円被害 小松で多発、注意呼びかけ /石川

小松市で電子マネーをだまし取る架空請求の被害が相次いでいる。小松署によると、コンビニエンスストアなどで販売されるプリペイドカード式の電子マネーを使った手口で、10代後半の女性は約100万円の被害に遭った。同署は詐欺容疑で …

ニセ電話詐欺防止を金沢駅前で呼び掛け 県銀行協と県警

 県銀行協会と県警は十七日、金沢駅兼六園口広場でニセ電話詐欺などの防止に向けた啓発活動をした。協会加盟の銀行員や警察官ら約四十人が駅利用客に啓発チラシ五百部を配布して注意を呼び掛けた=写真。  協会の安宅建樹会長(北国銀 …

映像でニセ電話詐欺防げ 七尾署が制作 寸劇通し注意点説明

 七尾署はニセ電話詐欺などの被害防止を目指す映像を制作し、三月中にケーブルテレビななおで放送を始める。同署初の試みで、寸劇を通して注意点を分かりやすく伝える。  十八日は同署で市職員が動画を撮影。市民でつくる「劇団N」の …

特殊詐欺防げ ローラー作戦で注意呼びかけ (石川県)

県内でも被害が相次ぐ特殊詐欺。その被害者のおよそ6割は、65歳以上の高齢者だ。こうした中、野々市市では、警察が高齢者に注意を呼びかけるローラー作戦を展開した。手口が巧妙化する特殊詐欺。白山警察署では、高齢者を狙った詐欺の …

詐欺電話が南下中?「福井も注意」 富山、石川県で複数確認

警察官をかたり「口座から現金が引き出されている」などと話す詐欺とみられる不審電話が、6月12日に富山県内で30件以上、13日に石川県内で複数確認された。不審電話は特定の県を狙ってかかってくる傾向があり、福井県警は「県内で …

北陸新幹線開業後に詐欺が激増 犯行グループ、首都圏から流入

北陸新幹線県内延伸を前に、特殊詐欺対策について北陸3県で連携を強化しようと福井県警は5月16日、石川、富山両県警との初の合同対策検討会を福井県警本部で開いた。石川、富山両県では新幹線開業後、犯行グループの一味が首都圏から …

振り込め詐欺の予兆電話情報 金融機関に

県警、新年度から一斉FAXで 県警は新年度から、県内で振り込め詐欺とみられる予兆電話があった際、県内700~800の金融機関の支店や出張所に一斉にファクスで知らせる取り組みを始める。具体的な文言などの手口を金融機関に素早 …

番組取材装うニセ電話詐欺、岐阜や金沢で

マスコミ関係者を装い、過去に詐欺の被害に遭ったことがある東海、北陸地方の住民らを狙って「取材に協力すれば、だまし取られたお金が返ってくる」などと現金をだまし取るニセ電話詐欺が昨年秋から相次いでいることが、警察庁などへの取 …

笑って悪質商法撃退…婆ちゃんコントで講座

高齢者を悪質商法から守ろうと、被害防止講座が7日、宝達志水町今浜の老人福祉センター宝寿荘で開かれ、婆ちゃんコントで知られる「御供田ごくでん幸子一座」がユーモアたっぷりに注意を呼びかけた。  講座は、同町が国の補助金を活用 …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © SALAT All Rights Reserved.