特殊詐欺事例

鳥取県

特殊詐欺 対策実る

架空請求などの特殊詐欺被害が今年、県内で大幅に減少している。2017年はコンビニエンスストアで電子マネーを購入させるなどの新たな手口が横行し、過去最多の計71件(被害総額1億473万円)に上ったが、今年は9月末で計21件 …

県警が啓発活動、鳥取中央郵便局で /鳥取

特殊詐欺の被害を防ごうと県警は、鳥取市東品治町の鳥取中央郵便局で、啓発活動をした。手口などをまとめたパンフレットを利用客に配った。    県警によると、従来の還付金詐欺に加え、有料動画サイトの未納料金を請求するなど手口も …

鳥取)特殊詐欺を山間部で防ぐ 移動スーパー

山間部の高齢者らに特殊詐欺被害の防止を訴えようと、鳥取署は5日、地元スーパー「エスマート」が運行する移動スーパー「とくし丸」を用いた犯罪抑止策に乗り出した。とくし丸に「振り込め詐欺に注意!」と書かれたステッカーを取り付け …

高校生書道とコラボ 特殊詐欺被害防止訴え

鳥取県警察音楽隊(樽野直樹楽長)は21日、電子マネーをだまし取る特殊詐欺の被害防止を目的とするコンサートを鳥取市のとりぎん文化会館で開き、鳥取東高書道部の書道パフォーマンスと共に注意を呼び掛けた。… 出典:日本海新聞(2 …

年賀状で詐欺防ごう 鳥取

鳥取中央郵便局(鳥取市東品治町)や県警などが協力し、県民に特殊詐欺への注意を呼び掛ける年賀はがきを作った。各地の郵便局を通じて、県内約8万6750世帯に配る。    急増する電子マネー型の詐欺被害などを防ごうと考案した。 …

「オレオレ」今月3件目 県内被害、同一犯か

鳥取県警は8日、息子を装う特殊詐欺(オレオレ詐欺)で、東伯郡の80代男性が現金100万円をだまし取られたと発表した。県内では5日に2件同様の詐欺が発生し、今月に入ってオレオレ詐欺被害は3件目。 出典:日本海新聞(2017 …

特殊詐欺被害防止で感謝状 米子のコンビニ

コンビニのマルチメディア端末機を使った特殊詐欺の被害を未然に防いだとして、米子署は4日、ローソン旗ケ崎8丁目店(鳥取県米子市旗ケ崎8丁目)のオーナー藤崎洋子さん(67)に感謝状を贈った。 出典:日本海新聞(2017/12 …

鳥取県内 特殊詐欺被害が大幅に増加

鳥取県警が今年認知した特殊詐欺件数が29日時点で50件(被害総額約8203万円)に上り、前年同期の17件(同約5004万円)と比べ2倍以上に増えている。昨年1年間で2件だった「電子マネー型」が既に21件と急増したのが特徴 …

かもめ~るで 県警など製作 /鳥取

鳥取中央郵便局(鳥取市東品治町)や県警などが、特殊詐欺被害の防止を呼びかける夏季限定はがき「かもめ~る」を製作した。各地の郵便局を通じ、県内の高齢者を中心とした約8万1800世帯に配る。  急増する電子マネー型詐欺を防ご …

実体験語り 注意を訴え 特殊詐欺で被害の女性

有料サイトの未納料を装う特殊詐欺で、先月27日に128万円分の電子マネー利用権をだまし取られた米子市内の50代女性が3日、米子署で報道機関の取材に応じ、言葉巧みに誘導された電話でのやりとりを語った。… 出典:日本海新聞( …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社サラト All Rights Reserved.