特殊詐欺事例

東京都

持続化給付金詐欺で23歳の男再逮捕

国が新型コロナウイルスで打撃を受けた中小企業を支援する「持続化給付金」をだまし取ったとして、能美警察署は2日、東京都内に住む23歳の男を再逮捕しました。  詐欺の疑いで再逮捕されたのは、東京都世田谷区の無職、加藤眞莉也容 …

高齢女性に声をかけ詐欺被害防ぐ 保険会社社員に感謝状

 高齢女性に声をかけたことをきっかけに、特殊詐欺の被害を防いだとして、保険会社社員の女性が警視庁から感謝状を贈呈されました。  感謝状を贈呈されたのは明治安田生命の社員・大井淳子さん(74)です。大井さんは今年1月、JR …

組トップに4億円の賠償命令 特殊詐欺で使用者責任認める

 指定暴力団住吉会系組員が関わった特殊詐欺事件の被害者ら45人が、関功会長と福田晴瞭前会長らに計約7億1200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、傘下組織の組員による特殊詐欺は暴力団対策法の定める「威力 …

特殊詐欺の疑いで小千谷市の71歳父と42歳息子を逮捕 都内の70代夫婦から114万だまし取る

親子で、特殊詐欺の犯行に及んだ可能性があります。小千谷市の、71歳の男とその42歳の息子が、東京都内の高齢の夫婦から、キャッシュカードをだまし取り、現金を引き出したとして逮捕されました。 小千谷市の、堀沢賢容疑者(71) …

ワクチン「優先接種」かたる詐欺、不審電話が各地で相次ぐ

 新型コロナウイルスのワクチンを優先的に接種できるなどと言って、金銭などを要求する不審電話が各地で相次いでいる。警察当局や国民生活センターは、悪質な「便乗詐欺」とみて注意を呼びかけている。  警視庁によると、東京都目黒区 …

コロナ禍、カード被害多発 20年、東京都内の特殊詐欺

 2020年に東京都内で発生した特殊詐欺の認知件数は2896件(前年比919件減)、被害額は63億4110万円(12億4508万円減)だったことが12日、警視庁のまとめで分かった。被害者宅からキャッシュカードをひそかに持 …

空き部屋情報悪用→口座開設→転売 詐欺グループを摘発

 架空の人物の口座を開設して、不特定多数に売り飛ばす――。そんな手口とみられる詐欺の容疑者グループを群馬県警が摘発した。グループに加わっていた不動産業者の空き部屋情報を悪用。空き部屋の住人になりすまして口座開設のためのキ …

特殊詐欺減らせ 防犯プレート 町田の住宅で掲示

 特殊詐欺被害を減らそうと、町田市町内会・自治会連合会と市、町田署、南大沢署の4者が連携し、市内の住宅などに「サギ110番の家」と記した防犯プレートを掲示する活動を始めた。  防犯プレートは、縦18センチ、横8センチ。1 …

乃木坂46秋元真夏&新内眞衣、特殊詐欺被害防止を呼びかけ ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~

 警察庁「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略・SOS47)による決起集会が14日、都内で行われ、特別防犯対策監の杉良太郎、特別防犯支援官の伍代夏子を筆頭に、飯豊まりえ、川栄李奈、城島茂、橘 …

中国語でかかってくる自動音声の電話… 実は大使館をかたった詐欺か

 埼玉県在住の主に中国人を狙い、中国大使館などをかたって現金をだまし取ろうとする詐欺電話が、今年に入って目立っている。県警は、中国で流行していた手口が国内に移ってきた可能性があると分析。三千六百万円をだまし取られた事例も …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © SALAT All Rights Reserved.