特殊詐欺事例

栃木県

「公衆電話どこ?」 携帯を貸した大学生、詐欺被害から高齢者守る

 特殊詐欺被害を未然に防いだとして栃木県警生活安全企画課は15日、白鴎大本キャンパス(小山市)で、同大経営学部1年藤本壮(ふじもとそう)さん(19)に感謝状を贈呈した。  藤本さんは5月21日午後、JR小山駅前で80代男 …

電子マネー購入する女性、コンビニ店長が声かけると「6億円の懸賞に当選した」

 栃木県警矢板署は、特殊詐欺の被害を防いだ同県矢板市のコンビニ店「ファミリーマート」の女性店長(39)に感謝状を贈った。  店長は5月9日、60歳代の女性が2000円分の電子マネーを購入しようとしていると男性従業員から聞 …

特殊詐欺被害、1年で2度防ぐ…コンビニ店員に「声掛けマイスター」委嘱

 特殊詐欺被害を1年以内に2度防いだ、栃木県那須塩原市のコンビニ店「ファミリーマート那須塩原住吉町店」のアルバイト店員の女性(29)に、県警は「声掛けマイスター」を委嘱した。自身の経験を周りにも伝え、積極的に声を掛けて被 …

携帯電話に料金未納メール 280万円だまし取られる

 5月19日、矢板市に住む女性(42)の携帯電話に料金未納に関するメールが届き、これを信じた女性がATMから5回にわたて現金計280万円を振り込み、だまし取られる事件がありました。    警察は特殊詐欺とみて捜査を進める …

男性が電話で話しながら電子マネー発行、店員が代わって支払い確認しようとしたら通話切れる

 特殊詐欺被害を未然に防いだとして栃木県警真岡署は20日、「セブン―イレブン」の女性店員(72)ともう一人の女性店員(22)に感謝状を贈った。  真岡署によると、4月11日午後、来店した60歳代の男性が携帯電話で話しなが …

「身に覚えないアプリ料金」詐欺防止 銀行員に感謝状

 特殊詐欺の被害を未然に防いだとして、栃木県警今市署は栃木銀行鬼怒川支店(日光市鬼怒川温泉大原)の安斎輝彦支店長代理(41)と行員の小林真由美さん(51)に感謝状を贈った。窓口でのやりとりから詐欺の可能性を感じ取った2人 …

防犯機能付き電話 普及促進でアドバイザー 県警が委嘱

 親族や警察官などを名乗るグループに現金やキャッシュカードをだまし取られる特殊詐欺事件が後を絶たない中、県警察本部で7日、防犯機能付き電話機を普及させるアドバイザーの委嘱式が行われました。  防犯機能付き電話機の普及促進 …

コロナ家賃支援金を不正受給 詐欺容疑で美容師逮捕―警視庁

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、売り上げが減った個人事業主らを支援する国の「家賃支援給付金」をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は9日までに、詐欺容疑で、栃木県小山市雨ケ谷、美容師大平恵子容疑者(41)を逮捕した。 …

家賃給付金170万円詐取容疑で栃木の美容師逮捕 警視庁 全国初

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で売り上げが減った個人事業主らを対象にする国の「家賃支援給付金」をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は8日、栃木県小山市、美容師、大平恵子容疑者(41)を詐欺容疑で逮捕した。捜査関係者へ …

コンビニ店員詐欺防ぐ 宇部署が感謝状

 うそ電話詐欺被害の未然防止に協力したとして、宇部署は2日、宇部市のローソン宇部駅前店でアルバイトとして働く北九州市立大2年、木曽嘉己さん(21)に感謝状を贈った。    木曽さんは8月7日午後8時半頃、電子マネーカード …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © SALAT All Rights Reserved.