特殊詐欺事例

静岡県

静岡県内で詐欺被害相次ぐ 三島/裾野/浜松

 三島市の無職男性(84)が20日、金融機関の職員をかたる男らにキャッシュカード2枚をだまし取られたと三島署に届けた。口座から現金計357万円が引き出されていた。  同署によると、男性は19日午後4時ごろ、市役所や金融機 …

静岡の66歳男性 20万円詐欺被害

 静岡市清水区の無職男性(66)が10日、架空請求でプリペイド型電子マネーの利用権20万円分をだまし取られたと清水署に届けた。  同署によると、同日午前10時ごろ、男性の携帯電話に「利用料金の確認が取れない」と架空請求の …

ニセ電話詐欺撲滅へ 県内警察、初の試み

◆浜松中央署が被害防止指導競技会  浜松中央署は十九日、ニセ電話詐欺の被害を未然に防ぐため、署員が普段の業務中にお年寄りと接する機会を想定した被害防止指導競技会を初めて開いた。各課から選抜された署員十二人が自身の担当業務 …

架空請求で2450万円被害 静岡・伊東の84歳男性

静岡県警伊東署は17日、同県伊東市の無職男性(84)が今年2~3月に架空の話で金銭を請求され、現金2458万円をだまし取られたと発表した。同署が詐欺容疑で調べている。  同署によると、男性は2月上旬、「防犯関係団体の職員 …

ニセ電話許さない 県警が浜松駅で集中広報

浜松市内で今年、ニセ電話詐欺の被害が多発していることを受け、県警生活安全企画課や市内の警察署は十日、JR浜松駅と周辺で、集中的な被害防止活動を始めた。駅の利用者や商業施設の従業員らを対象に一週間ほど、被害に遭ったと思われ …

静ガス、県警と防犯協定 特殊詐欺防止や子供見守りで

静岡ガスは14日、静岡県警と特殊詐欺や子供が巻き込まれる犯罪を防ぐための協定を締結した。検針など日常業務を通じ、被害防止の呼びかけや子供の見守りに当たる。 静ガスの従業員が顧客の家庭を訪問した際に特殊詐欺について声かけを …

架空請求のはがき、注意喚起 静岡南署が作製 /静岡

はがきを送りつけて送金を要求する架空請求詐欺への注意喚起を目的に、静岡南署が童謡「やぎさんゆうびん」の歌詞をプリントしたうちわを作製した。管内で行われる防犯キャンペーンや、夏祭りなど人が集まるイベントでも配布する。   …

架空請求はがき届き、200万円詐欺被害 熱海の男性

熱海市の無職男性(91)が28日、架空請求で現金200万円をだまし取られたと熱海署に届けた。 同署によると22日、男性方に「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と書かれたはがきが届いた。男性がはがきに記載のあった電話 …

沼津の30代女性 140万円詐欺被害

沼津市の30代の女性会社員が15日、警察官を名乗る男から検察庁の偽サイトを見るように指示され、現金約140万円をだまし取られたと沼津署に届けた。同様の手口は全国で発生していて、県内では初めてという。同庁などが注意を呼び掛 …

島田の20代男性 680万円詐欺被害

島田市の男性会社員(28)が12日、架空請求詐欺で計680万円をだまし取られたと島田署に届けた。 同署によると、5月16日、男性の携帯電話に「コンテンツ利用料が未納。本日連絡が無い場合、法的措置に移行する」と書かれたメー …

1 2 3 9 »
PAGETOP
Copyright © SALAT All Rights Reserved.