特殊詐欺事例

宮崎県

特殊詐欺 県内被害8097万円 件数増え少額化

2017年の特殊詐欺(うそ電話詐欺)の県内被害額は8097万円で、前年の16年(1億6859万円)から半減し、11年以来6年ぶりに1億円を下回ったことが、県警のまとめ(暫定値)で分かった。ただ、認知件数は39件で前年から …

特殊詐欺 新たな手口に注意喚起を

高齢者の現金自動預払機(ATM)による振り込みを制限する動きが金融機関で広がっている。  振り込め詐欺など特殊詐欺の被害防止が目的だ。過去3年間にATMで振り込みをしていない70歳以上の人などを対象としている。  その場 …

振り込め詐欺の金 息子から受け取った疑いで逮捕の母親 不起訴

振り込め詐欺でだまし取った金と知りながら、息子から現金を受け取ったとして警視庁に逮捕された宮崎市の60歳の母親について、東京地方検察庁は嫌疑不十分で不起訴にしました。 宮崎市の60歳の女性はおととし8月、振り込め詐欺でだ …

オレオレ詐欺、容疑者の母親も逮捕 金を受け取った疑い

特殊詐欺でだまし取った金と知りつつ、息子から400万円を受け取ったとして、警視庁は10日、宮崎市東大宮3丁目、パート従業員船田資子(ともこ)容疑者(60)を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)の疑いで逮捕し、発表した。「 …

商業施設で還付金詐欺疑い 見事な連携、被害防止 延岡署、女性2人に /宮崎

延岡署は70代女性のニセ電話詐欺被害を未然に防いだとして、同市大峡町の自治体臨時職員、中田和子さん(53)と同市野地町の自営業、松田陽子さん(30)に感謝状を贈った。  同署によると7月28日午前、中田さんが市内の商業施 …

既に32件 昨年同期比14件増 手口巧妙化、県警が注意呼びかけ /宮崎

ニセ電話詐欺の県内の被害は7月末までに32件に達し、昨年同期の18件を大きく上回っている。手口の巧妙化などが背景にあるとみられ、県警は注意を呼びかけている。【田崎春菜】  ニセ電話詐欺は高齢者に電話で連絡し対面せずに信頼 …

ATM利用制限 高齢者の特殊詐欺被害防ぐ 70歳以上対象 /宮崎

 高齢者から金をだまし取ろうとする特殊詐欺の被害を防ごうと、宮崎銀行は19日から、一定条件にあてはまる70歳以上の利用者を対象に、ATM(現金自動受払機)での10万円以上の振り込みの制限を始めた。県内の金融機関では初めて …

宮崎銀、一部高齢者のカード振り込み制限 詐欺被害防ぐ

宮崎銀行は19日から、キャッシュカードによるATMでの振り込みの利用を一部制限する。振り込め詐欺被害の防止対策の一環。70… 出典:日本経済新聞(2017/7/5)http://www.nikkei.com/articl …

電子マネー詐欺急増 プリペイドカード買い、ID送らせる 16年、九州の被害7000万円超

九州7県で昨年発生した架空請求などの偽電話詐欺被害のうち、プリペイド式の「電子マネー」を悪用して詐取する手口が急増し、被害総額が前年の2倍近い7千万円以上に上っていることが、西日本新聞の取材で分かった。現金の受け取りなど …

特殊詐欺注意を 典型的手口目立つ-宮崎県

 オレオレ詐欺や架空請求など特殊詐欺の認知件数が減少傾向にある中、今年は4月末現在で15件となり、昨年同期を3件上回った。息子や警察官をかたる典型的な手口が再び目立ち始めている。県警は引き続き注意を呼び掛ける。 出典:宮 …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社サラト All Rights Reserved.