特殊詐欺事例

富山県

ニセ電話詐欺防止 啓発の封筒を配布 県警

電子マネーカードを買わせるニセ電話詐欺被害を防ごうと県警は十五日、コンビニなどで詐欺防止を呼び掛ける封筒に入れてカード購入客に渡してもらう取り組みを始めた。  県警によると、昨年五十八件の被害があったニセ電話詐欺のうち、 …

ニセ電話詐欺防げ 被害確認の振込手数料 無料に

にいかわ信用金庫(本店・魚津市)は十四日から、六十五歳以上の個人預金者が目的不明で現金百万円以上を引き出した際、詐欺被害を確認する意味から振り込みを勧め、高齢者が同意した場合、振込手数料(三万円以上八百六十四円)を無料に …

詐欺電話が南下中?「福井も注意」 富山、石川県で複数確認

警察官をかたり「口座から現金が引き出されている」などと話す詐欺とみられる不審電話が、6月12日に富山県内で30件以上、13日に石川県内で複数確認された。不審電話は特定の県を狙ってかかってくる傾向があり、福井県警は「県内で …

架空請求詐欺 SMS悪用 新たな「収納代行利用型」も

スマートフォンなどのショートメッセージサービス(SMS)を悪用した架空請求詐欺の相談が後を絶たない。富山県警は1月~5月13日までに、46件の相談を受理している。県警捜査2課は「メッセージに記載されている電話番号にかけた …

北陸新幹線開業後に詐欺が激増 犯行グループ、首都圏から流入

北陸新幹線県内延伸を前に、特殊詐欺対策について北陸3県で連携を強化しようと福井県警は5月16日、石川、富山両県警との初の合同対策検討会を福井県警本部で開いた。石川、富山両県では新幹線開業後、犯行グループの一味が首都圏から …

特殊詐欺 阻止率71.7% コンビニ舞台、被害全体の33% 県内昨年、全国トップ級 /富山

県警は先月、県内の昨年の特殊詐欺の概要を発表した。被害認知件数は116件(前年比2件増)で総額約1億9400万円(同約1億3000万円減)となり、3年連続で減少した。また、被害を阻止した件数は279件(同105件増)、計 …

特殊詐欺被害を防げ 県警 コールセンター開始式

『架空請求』などの特殊詐欺の被害を防ごうと、県警は、民間企業に業務委託してあらたなコールセンターを開設しました。  警察が持つ独自の情報を使って注意を喚起する方針です。  特殊詐欺に関するコールセンター・『だまされんちゃ …

県内上半期、被害69件 125件を被害阻止 県警 /富山

県警は、県内の今年上半期(1~6月)の特殊詐欺の概要を発表した。被害は69件(前年同期比5件増)で、総額1億5685万9221円(同4296万6926円減)。一方で被害を阻止した件数は125件(同57件増)、計1億611 …

警官装う 急増、今年11件 県警「偽電話 注意を」 /富山

警察官を装った電話で高齢者の現金などを狙う特殊詐欺が今年、県内で急増している。28日までに11件発生し、昨年の10件をすでに超えた。今年は金融機関のキャッシュカードをだまし取られるケースが多発しており、県警は注意を呼び掛 …

県内9金融機関導入 高齢者のATM振り込み制限

 特殊詐欺の防止のため、被害が多い70歳以上の高齢者に限定し、現金自動預払機(ATM)から振り込めなくする対策が、県内の金融機関で広がっている。15日から北陸銀行など4機関が始め、これで地銀2、信用金庫7の計9機関となっ …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社サラト All Rights Reserved.