特殊詐欺事例

鳥取県

特殊詐欺 山陰両県で大金被害 トラブル解決名目

鳥取、島根両県警は7日、名義貸しトラブル解決名目で、鳥取県東部の70代女性が計3603万円、島根県西部の70代女性が計1550万円だまし取られる特殊詐欺被害に遭ったとそれぞれ発表した。鳥取の被害額は統計を取り始めた200 …

特殊詐欺被害防止で 鳥取県内、ATM制限を強化

後を絶たない特殊詐欺による被害を防止しようと、鳥取県内の金融機関で現金自動預払機(ATM)の振込限度額などを制限する動きが広がっている。鳥取県警生活安全企画課は「水際での被害防止には有効」と評価するとともに「何よりもだま …

詐欺防止へ高齢者のATM制限 山陰の6信用金庫が10日から

 山陰両県の6信用金庫(鳥取・米子・倉吉・しまね・日本海・島根中央)は、高齢者をATM(現金自動預払機)に誘導して現金を振り込ませる振り込め詐欺の被害を防ぐため、10日から、キャッシュカード振り込みの70歳以上の利用を一 …

鳥取)高齢者の特殊詐欺防止へ 信金がATM利用制限

 ATMを使って送金させる還付金詐欺などの被害から高齢者を守ろうと、鳥取、島根両県の信用金庫が5月10日から、年齢など一定の条件に当てはまる高齢者に対し、キャッシュカードによる振り込みを制限する。水際で被害を防ぐ狙いだ。 …

山陰信金協議会 高齢者のATM利用制限 特殊詐欺防止で送金「停止」/鳥取

 高齢者が還付金詐欺の被害に遭うのを防ごうと、鳥取、島根両県の6信用金庫でつくる「山陰信用金庫協議会」は、過去1年間キャッシュカードで振り込みをしなかった70歳以上の顧客を対象に、ATM(現金自動受払機)の利用を制限する …

70歳以上ATM利用制限 鳥取などの信金

 高齢者が還付金詐欺の被害に遭うのを防ごうと、鳥取、島根両県の6信用金庫でつくる「山陰信用金庫協議会」は、過去1年間キャッシュカードで振り込みをしなかった70歳以上の顧客を対象に、ATM(現金自動受払機)の利用を制限する …

鳥取)電子マネー詐欺、増加 今年9件、若い層で被害

 架空請求をして電子マネー型プリペイドカードを購入させ、購入代金(電子マネー)をだまし取る詐欺の被害が県内でも増え、県警が注意を呼びかけている。 最近被害にあったのは県中部の40代女性だ。6日、女性のスマートフォンに「有 …

減少も大半が高齢者 昨年の県内特殊詐欺被害

 鳥取県警は21日までに、2016年の県内の特殊詐欺事件についてまとめた。認知件数や被害額は前年より減る一方、被害者の半数以上を高齢者(65歳以上)が占めた。現金ではなく電子マネー受け取り型の詐欺が初めて発生。 出典:日 …

全交番に警官増強 鳥取県警人事異動

 鳥取県警は13日、春の定期人事異動を発表した。総勢は前年より87人多い621人。地域の治安をきめ細かく強化しようと、県内全ての交番を対象に警察官を増強する。相次ぐ特殊詐欺やインターネットなどを使用した・・・ 出典:日本 …

鳥取)ポスターに大相撲の石浦関 交通事故など防げ

 高齢者らに交通事故や特殊詐欺に気をつけてもらおうと、県警は大相撲で活躍している石浦=鳥取市出身、宮城野部屋=を起用したポスターを制作した。B2判とB3判の各3種で計1500枚。警察官の制服を着たり、まわし姿になったりし …

« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © SALAT All Rights Reserved.